お金を何らかの形で得たら「税金」を支払う必要があります。所得税という税金ですが、この税金は気をつけておかないと新宿の風俗で働いていることがばれてしまう可能性があります。

■確定申告するときに
基本的に副業をしている人は、確定申告をするときに「住民税の普通徴収」を選択しないと会社側に住民税を源泉徴収されてしまいます。「この人はどうしてこんなに住民税が周りよりも多いんだ?」と会社に思われたらその時点でアウト、副業をしていることを問われ新宿の風俗の求人なんか見つかろうものならどのような取り扱いを受けるかわかりません。

必ず普通徴収にしましょう。

■お店側も配慮
また、お店側も最近な給料にするのではなく「業務委託」にして新宿の風俗で働く女性の心理的不安を取り除いています。といいますのも、最近施行されたいわゆる「マイナンバー法」の成立により給与所得にすると会社側が個々人のマイナンバーを把握しなければならなくなったからです。

風俗で働く女性の中にはこうしたことに抵抗を持つ方も多く、結局の所お店側は一人一人を社員として雇うのではなく業務委託として会社側がマイナンバーを把握しなくてよいことにしたのです。

■働き方も重要
業務委託となった場合、基本的に税制面では不利になります。給与所得ならば受けられたはずの「控除」が受けられなくなってしまうため税金が高くなるのです。もっとも、年間に何百万円もの金額を稼ぐのでなければさほど心配せずとも大丈夫です。

■確定申告は必ず
確定申告は必ずしなければならないものです。基礎控除内で収まるならばまだしも、それを超えるならばきちんと申告しなければなりませんよ。そうすることによってきちんと仕事をしているという自覚も得られるでしょう。

◆新宿の風俗店の面接の合否条件として容姿はあまり重要視されていないようです
新宿の風俗では見た目に自信がなくても働くことが出来るのかどうか心配している人は多いでしょう。風俗求人でもそこまでは記載がないですから、どこまでのレベルなら働くことができるのかと心配している人もいるかもしれません。結論から言えば実は風俗ではあまり見た目は重視されていないのです。

見た目は重視されていませんから、安心というわけではないのですが容姿にあまり自信がなかったとしても安心していいでしょう。見た目よりもどちらかといえばスタイルかもしれません。あまりに貧乳の場合にはもしかすると採用が難しいこともあります。

しかし巨乳好きなお客様ばかりではありませんので貧乳も好きな人もいらっしゃいますから、あまり見た目では採用基準は設けられていないようです。そして太りすぎているけれど大丈夫かと心配する人もいるのですが、デブ専門の風俗がいまはあるほどですので、でぶ専と呼ばれる特定の太っている人が好きなお客様もいらっしゃいますのでその点も心配する必要はないでしょう。

体重に関しては基本そういった専門のお店以外では、自分の身長から110を引いた数字くらいがいいようです。それがギリギリの採用ラインにしているところも多いです。ですから、160センチの身長の人なら160から110を引いた数字ですので、50キロ前後が採用基準になっているようです。

もちろん体重が全てではありませんので、それ以外の部分でも見られていることは忘れないでください。ボディラインが綺麗で体重がいくら先ほどの基準以上になっていたとしても、スタイルがよければ採用されることもありますので、体重が全てというわけではありません。

これから新宿の風俗店の求人サイトに応募する人にとっては不安かもしれませんが容姿はあまり重要視されません。